NEWS

この度、日本の公開に先駆け、5月31日より全米ほか世界39カ国で公開を迎えた『ロケットマン』。

Rotten Tomatoesで90%を記録する大絶賛を受け、先行公開のイギリスを除く、インターナショナル・オープニングでは1920万ドル<39カ国>を記録し、昨年大ヒットした音楽映画『アリー/スター誕生』の1400万ドル(31カ国)を凌ぐ大ヒットスタートを切りました!

イギリスを合わせたインターナショナル累計は、約3120万ドルを記録しています(約35億円 ※6月3日時点レート換算)

%e4%bb%ae%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

また、先週公開を迎えたエルトン生誕の地イギリスでは、公開週末の興収が6.8Mを記録、この記録は同国での『グレイテスト・ショーマン』(6.5K)、『アリー/スター誕生』(5.3M)を上回り、国民的アーティストの偉業に華を添えるロケットスタートとなっています。

全米での封切りでは、各劇場に映画ファンやエルトンファンはもちろんのこと本作の大好評を聞きつけた観客が殺到し大盛り上がり!出口調査では観客の60%が女性という結果も。SNS上でも、『グレイテスト・ショーマン』のヒュー・ジャックマンが「タロン、デクスター、君たちは本当に素晴らしい映画を作った。ちょうど試写が終わったところだけど、素晴らしかったし、本当におめでとう。世界中がこの作品を見るのが待ち遠しいよ。みんなを誇りに思う!」とツイートを投稿するなど、SNSでも賞賛が溢れ返っており、日本の公開に向けてさらなる期待がかかっています!

『ボヘミアン・ラプソディ』と『キングスマン』のスタッフ・キャストが、誰もが一度は耳にしたことのある世界的大ヒット曲にのせて描く、誰も見たことの無いミュージック・エンターテイメント超大作に是非ご注目ください!