NEWS

エルトンの愛されなかった幼少期が明かされる…本編映像が到着!

今回到着した映像は、天性の才能があることをピアノの先生から認められた幼少期のエルトン・ジョン(タロン・エガートン)が、母親のシーラ(ブライス・ダラス・ハワード)に音楽学校の奨学生試験について相談を持ち掛けるシーンから始まります。

rm-00670r

息子の将来に関わる重要な話であるはずなのに、母のシーラは興味がないどころかファッション誌に夢中で取り付く島もなく、厳格な父親も息子の才能に半信半疑の様子…。唯一支えとなった祖母のアイヴィー(ジェマ・ジョーンズ)はエルトンを気にかけているものの、両親の会話からは二人の冷え切った関係性が垣間見え、両親に愛されなかったエルトンの悲しい幼少期がありありと映し出されています。エルトンの人生を描く上で欠かすことのできない極めて重要な人物でもあり、さらにはエルトンを愛していながらも同時に傷つけるという複雑な母親を演じたブライスの名演技にも注目のワンシーンです。

rm-01455r2

『ジュラシック・ワールド』シリーズで一躍スターの座に上り詰めたブライスですが、本作で演じた母親のシーラはこれまでの役と比べて理解が難しく、困難な役柄だったよう。ブライスは、「彼女はものすごく恐ろしくなったり、自己陶酔したり、自己中心的になることもあって。自分が持っていないものや、何かが奪われてしまったという感覚にとらわれた自己愛の強い母親になった。だから、エルトンとシーラの関係は決して良いものじゃなく、いつも母は音楽には心から協力的だったというものの、エルトンはいつも苦難に耐えていた」と、自身の役どころを分析しています。華やかなミュージカルシーンはもちろん、孤独と戦うエルトンの過去がファンタジックな演出とともに幻想的に映し出されていく部分も本作の魅力のひとつ!数々の名曲が誕生する瞬間と共に移り変わっていく、エルトンと母シーラとの関係にもぜひご注目ください!!!