NEWS

日本の映画ファン待望の『ロケットマン』が遂に、8月23日(金)より日本で公開!!
期待&絶賛の声が溢れ返るあまり、公開初日にTwitterトレンド入りを果たす、大ヒットの“ロケット”スタートを切りました!!!

5月に行われた第72回カンヌ国際映画祭の公式上映では、10分間に及ぶスタンディングオベーション、米映画批評サイトRotten Tomatoesでは『ボヘミアン・ラプソディ』を超える高評価と世界的に絶賛を受けていた本作。先日、映画のプロモーションで来日した主演のタロン・エガートンと監督のデクスター・フレッチャーを迎え開催されたジャパンプレミアイベントも大盛況となり、日本でも公開を目前にして”ロケットマン旋風”が巻き起こるなか、23日(金)より遂に日本で封切られると、公開から3日間で興行収入約1億8,268万円、観客動員13.5万人を記録!さらには、公式Twitterから発信された主演のタロン・エガートンとデクスター・フレッチャー監督のメッセージ映像が大型拡散されるほか、初日から映画を観に行った猛者たちの絶賛ツイート、週末の鑑賞が待ちきれないファンたちの期待コメントが相次いだことにより、来日時の”タロンくん“トレンド入りに続き、公開初日から”ロケットマン”が作品通算3度目のTwitterトレンド入りを果たす大ヒット”ロケット”スタートを切りました!

ロケットマン旋風が週末の劇場に巻き起こり、一部劇場では、本格的なエルトンコスプレで集まった観客が目撃されるなど。コアなエルトンファンから、若い世代の音楽映画ファンまで、幅広い年齢層の観客が数多く来場!週末には、早くもSNS上で「ロケットマンおかわりキメてきたんですけれど、まだ物足りなりねぇなぁ!!!」、「あと何回観に行こうかな!5回?もっと?」、「ロケットマンあと10回は観に行きます🚀」と、4、5回鑑賞したリピーターが続出。胸アツの音楽エンターテイメントに魅せられ、中毒性のあるその魅力に、鑑賞後すぐにもう一度みたくなってしまう人が続出と話題に!なかでも、音響に特化した上映回(DOLBY ATMOS、DTS:X、極上音響上映など)は、チケットが早々に完売してしまうなど、リピーター、ライトな映画ファン共に絶大な支持を集め、週末の興行を大きく押し上げました。SNS上でも、「タロンくんの上手すぎるガチ歌と親友バーニーの優しさに何度も泣かされる。最高のロックンロールミュージカルを出来るだけ最高の環境で見てほしい。」、「タロンの歌が素晴らしくてYour songの出来上がりの場面は神がかっていた」、「もうノリノリで歌い、わんわん泣いてきた!」と絶賛の声が続々。「エルトン・ジョンという道化を演じるレジーの孤独。しかし、彼が孤独を知っているからこそ、彼の歌は人々から愛されるんだと思うと涙が止まらなかった。」とエルトンの知られざる半生に胸を打たれる方々も。そしてエルトン・ジョンの往年のファンからも「大好きなエルトンの曲の背景にあるひとつひとつの物語に涙が止まらなかった。タロン・エガートン、歌がうま過ぎるよ…」と感想が溢れています。

%e3%80%8e%e3%83%ad%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%80%8f%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%ab%e6%9c%ac%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

主要映画媒体でも期待度・トレンドなどのランキングで1位を獲得するなど反響は拡大中!名実ともに映画ファンが今1番見たい映画として、今後もさらなる拡がりが期待できる話題のミュージカル超大作『ロケットマン』に是非ご注目ください!


 ★ 『ロケットマン』 興行成績 ★

    8/23(金)~8/25(日)(3日間):累計動員135,105人 興収182,682,200円