NEWS

この度、エルトンの親友で作詞家のバーニ・トーピン演じるジェイミー・ベルが、
イケ渋ボイスで「Goodbye Yellow Brick Road(黄昏のレンガ路)」を披露するミュージカルシーンが到着!

今回到着したのは、エルトンの親友で作詞家のバーニーを演じた『リトル・ダンサー』の名優ジェイミー・ベルが、エルトン・ジョンの名曲「Goodbye Yellow Brick Road(黄昏のレンガ路)」を生歌で披露するミュージカルシーン!レコード会社の公募で運命的に出会い、エルトンは作曲&歌唱、バーニーは作詞と抜群のコンビネーションで大ヒット曲を数々生み出し、
瞬く間にスターダムを駆け上がっていく二人。しかし、様々な誘惑や葛藤を前に二人の友情は少しずつぶれはじめ、エルトンのことを傍で見守り続けていたバーニーは遂に自暴自棄となっていくエルトンに愛想を尽かせてしまいます。

rm-07212r
”いつになったら君は降りてくる?僕は親父の言う通り、農場に残るべきだった。代わりを探せ。きっと大勢いる。文なしの野良犬が君のようなエサを漁っている。”という、バーニーの憤る想いと切なさが見事にリンクした、「Goodbye Yellow Brick Road(黄昏のレンガ路)」の歌詞が、ジェイミー・ベルの渋い歌声によって力強く歌い上げられ、聴けば誰もが胸を打たれる珠玉のワンシーンとなっています。

rm-07273r

ジェイミーはエルトンとバーニーについて「人生を通してエルトンは、さまざまな内面の混乱を経験することになり、それが彼を苦しめてきた。だから、バーニーのように、ただ寄り添ってブレない人がいることがすごく重要なんだ。彼はありのままのエルトンを受け入れる。それにバーニーは、エルトンがどんどんスターになっていき、衣装なんかが大げさなものになっていったとき、そんなことする必要ないんじゃないかとも伝える。彼は心からエルトンの才能を信じているんだ。だからこそいつも重要な存在なんだよ」と、音楽クリエイター、そして親友として、深く信頼し合う二人の関係性を熱く語っています。

タロンやジェイミーの熱演によって感動的に映し出されるエルトンとバーニーのドラマパートはもちろんのこと、物語をさらに鮮やかに彩る彼らの渾身の歌声にも是非ともご注目ください!!!

rm-07006r2