NEWS

%e3%83%ad%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%b3%e6%9b%b8%e3%81%8d%e4%b8%8b%e3%82%8d%e3%81%97%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%ef%bc%88%e5%b7%a6%ef%bc%9a%e5%b0%8f%e7%8e%89%e3%81%95%e3%82%93

(左)小玉ユキさん(右)浅野いにおさん

大人気漫画家の小玉ユキさん、浅野いにおさんより書き下ろし特別イラストが到着!

“ありのままの自分を愛し、受け入れていく”という想いが詰まったエルトン自身の標語”NEVER ORDINARY=本当の自分になろう”をテーマとした映画公式のキャンペーンに、本作と同様に音楽と人の繋がりを繊細かつ鮮やかに描いてきた大人気漫画家の小玉ユキさんと浅野いにおさんから映画をイメージして描いた書き下ろしイラストが到着!!!
元OLの芽衣子と、音楽への夢を諦めきれない種田の小さな恋や人間模様を描く『ソラニン』の浅野いにおさん「世界一眩しいスポットライトを浴びた男。その影の濃さは計り知れなく、全てを知ることは難しいが、人生の最も美しい瞬間の端々が垣間見える素晴らしい作品でした。」と本作を絶賛しており、到着したイラストにも、深い闇のなか、無数のスパンコールが施された衣装で全身を輝かせながら懸命にパフォーマンスを披露するエルトンの横顔が映し出されています。

ジャズに打ち込む高校生たちの恋愛を描く『坂道のアポロン』を手掛けた小玉ユキさん「観客の前で派手な衣装を着て輝かしく歌う姿と、生きるために悩み苦しむ姿は正反対のようでいて地続きで、蓮の花のよう。見えない部分に真実が隠れている。だからこそエルトンの歌は人々に愛されるのだと思います。」とその生き様に感銘を受けたようで、イラストにはお馴染みの派手なステージ衣装に身を包んだエルトンと、その活躍の影に存在した、ロックに目覚めた少年期、かけがえのない親友で作詞家のバーニーと出会い、名曲を完成させた全盛期、そして人生のどん底に突き落とされた暗黒期といった、エルトンの壮絶な半生のハイライトが描かれています。

rm-14579r2

SNSでも「心踊る熱いミュージカルと切ないラブロマンス、そして愛を渇望する人が自分で自分を愛するに至るまでの物語に本当に心が震えた。大傑作!」「胸がいっぱいで 言葉にできない。タロンの歌が素晴らしかった!」「「Your song/僕の歌は君の歌」のシーンは分かってたけど号泣せずにはいられなかった…」といった感動の声が相次いでいる本作。

名漫画家の2人の心をも揺さぶるエルトンの感動の半生が、タロン・エガートンをはじめとする豪華キャストの圧巻のミュージカルとともに描き出される様を、是非とも劇場の大きなスクリーンでご覧ください!!!

rm-17818r


抽選で豪華プレゼントが当たる!
【NEVER ORDINARY 本当の自分を愛そう】キャンペーン詳細はこちら

この度、本作で描かれるエルトン・ジョンの壮絶な半生について
豪華キャストスタッフが語る特別映像が到着致しました!

今回到着したのは、本作で明かされるエルトン・ジョンの壮絶な半生について豪華キャストスタッフらが語る特別映像!エルトンの幼少期を遡るように映像が始まると、彼を演じたタロン・エガートンをはじめ、母シーラ役のブライス・ダラス・ハワード、エルトンの夫で製作のデヴィッド・ファーニッシュら豪華キャストスタッフが彼の過去を語り始めます。才能あふれるエルトンの壮絶な半生をファンタジックな演出で幻想的に映し出す本作ですが、デクスター・フレッチャー監督「エルトンだからこそ空想と想像力にあふれた物語になった。」と振り返り、『キングスマン』シリーズの監督で本作の製作を務めたマシュー・ヴォーン「現実離れしているのにリアルだ。挑戦的な作品だ」と誇らしげ。また本作の製作総指揮を務めたエルトン・ジョン本人も「良い時と悪い時の差が、極端に激しい人生を正直に描いた」と、ありのままの自分の姿を反映させた本作に自信を覗かせています。

rm-17818r

果たしてミュージック・エンターテインメント作品として一見華やかな印象を与える本作で、エルトンの壮絶な半生がどのように描かれるのか期待が高まること間違いなし!

エルトンから嘘偽りのない人生を描いてほしいと望まれていたと同時に、本作ならではのアレンジも恐れず取り入れてほしいとも言われていた製作チーム。タロンはエルトン本人との話し合いや、5ヶ月にも及ぶ歌とピアノのレッスンを重ねながら、自分自身のエルトンを追求したていったようで「ずっと、既成の概念にとらわれないでいたいと思っていたし、(観客には)よく知られたつらい時期を生きる一人の男の人生を感じてほしいと思う。でも同時に、ファンが満足し、エルトンが好ましい人物に見えることもすごく重要だ。これは生々しい、人間の物語だけど、真に偉大な男を称え、彼から学ぶものでもある」と本作に込められた思いを語っています。すでに鑑賞済の観客からも「号泣した!」と絶賛のコメントが続々相次いでいる本作。今後もさらなる拡がりが期待できる話題のミュージカル超大作『ロケットマン』に是非劇場でご覧ください!

rm-03321r2

本作の目玉である豪華なミュージカルシーンの舞台裏に迫る

特別映像が到着致しました!

今回到着したのは、「CROCODILE ROCK/クロコダイル・ロック」、「SATURDAY NIGHT’S ALRIGHT FOR FIGHTING/土曜の夜は僕の生きがい」、「THE BICTCH IS BACK/あばずれさんのお帰り」など、本作の見どころであるミュージカルシーンの数々の裏側を捉えた特別映像!!製作総指揮を務めたエルトンの「有名になり非現実的になった人生をありのままに描きたかった」という言葉通りに、本作では現実とファンタジーが入り混じったような華やかなミュージカルシーンが数多く登場。

rm_101218gb_00509r3

本映像では様々なミュージカルシーンの舞台裏が映されていくなか、特にL.Aの伝説的ライブハウス“トルバドール”での一夜を再現した「CROCODILE ROCK/クロコダイル・ロック」のシーンについて、デクスター・フレッチャー監督が「空想と想像力にあふれた物語になった。彼の人生を決定づけた瞬間を感動的にしたくて、全員を浮かせた。我ながら良いシーンだ」とその出来映えに自信を見せる場面も。さらに、ミュージカルシーンの要となる振付師を務めたアダム・マレーも「振付師にとって夢のプロジェクトだ。200人で踊るシーンもある。現実の世界を飛び出すから可能性は無限大。何でもアリだ。」と語るように、非凡なミュージカルシーンの数々を描き切った本作に期待が高まること間違いなし!

rm-03121r2
rm_20180720_gb_rocketman_00879v2r3

エルトン本人を演じたタロン・エガートンは、自身が全編歌って踊った本作のミュージカルシーンについて「本作はミュージカル映画で実際に僕が歌っている。だからこれまでの作品よりも僕の声が多く聞けると思う。そのことを誇りに思ってるよ。本作は製作プロセスがとても魅力的だった。自分たちで、一から作り上げた作品だ。往年の名曲たちを壊さない程度に自由にアレンジすることができたんだ。エルトン本人が製作に加わったのも大きかった。どこまでやっていいのかをエルトンと話し合うことができたからね。音楽プロデューサーのジャイルズ・マーティンの完璧なセンスだけでなく、そのほかにもものすごいスキルの持ち主がいた。それらの要素が集まって事実に忠実でありつつ、大胆な作品になっているよ。」とその魅力を熱弁しています。すでに鑑賞済の観客からも「号泣した!」「これまでのどの音楽映画とも違う、最高のミュージカル」と絶賛のコメントが続々相次いでいる本作。今後もさらなる拡がりが期待できる話題のミュージカル超大作『ロケットマン』に是非劇場でご覧ください!